少年少女



サイゾー 2009年 07月号 [雑誌]


>>> アイドルファンにとって、アイドルのブレイクにもはや意味はない。

>>> インターネットが普及する以前は、テレビや雑誌で継続的な露出がなければ、お目当てのアイドルの活動を日々追って行くことは非常に難しかった。

>>> ファンクラブに入ったり足繁く本屋に通って雑誌をチェックしたりファン同士の繋がりで連絡を取り合ったりとかで情報を得ていたのは一部の熱心なアイドルファンだけで、ほとんどのアイドルファンはそんな方法で情報を得られることを思いつきもせず、ただ受動的に日常生活を送る上で目にするアイドルに憧れていただけだった。あと思いっきり能動的になってコンサートに行くとか。

>>> だから、ブレイクしなければ、ブレイクして継続的にメディアに露出していなければ、ハードコアなアイドルファンを除く多くのアイドルファンは、そのアイドルの活動に日常的に接することが出来なかった。

>>> そういった時代には「アイドルファンがアイドルの活動を常に追うことができるために」アイドルがブレイクする必要があった。

>>> が、どんなアイドルでも公式サイトやブログを持っていて、尚且つ2ちゃんねるや様々なコミュニティサービスにおいてハードなアイドルファン同士で容易に情報を交換することが可能な今の時代に、お目当てのアイドルがテレビや雑誌など誰でも目に付くメディアに出続ける必要はない。

>>> ブレイクなんてしなくても、ブログで毎日顔が見れたり日記を読めたり、その上動画まで観れたりする。細かい露出情報も逐一アップされる。イベントの告知だって前もってしてくれて、会いに行くことさえできる。

>>> "消える"という現象はどんなに些細な仕事であれ、続けている限り、起こりえない。

>>> 大体、アイドルファンが1人のアイドルに本気で執着している期間なんて、もって2、3年が精一杯。ブレイクしてもしなくても、2、3年くらいの活動なら、アイドルは続けてくれる。

>>> アイドルとアイドルファンは常に一対一の関係性でしかない−−こうしたアイドルファンからの視点で考えれば、お目当てのアイドルがブレイクしてより多くの人が見知った存在になることに、価値なんてあるはずもない。「一対一」以外の変化は、すなわち常に「一対一」以外の、環境の変化でしかない。

>>> アイドルがブレイクし社会的に勝利を収めたとしても、アイドルファンの心の底に根付いている敗北感は消え去ったりはしない。

>>> だからこそ、アイドルとアイドルファンは、いつまでも美しい。

>>> オレの方が広末が好きだ


魔法のプリンセス ミンキーモモ Blu-ray Disc BOX 1


>>> ミンキーモモプロジェクトが発進している。

>>> プレスリリース(PDF)には「1st.シリーズ放映から30周年の節目となる2012年までを第1ステップ期間と設定し、3年間に亘るプロジェクトを展開します」とある。

>>> 十中八九3代目ミンキーモモが始まるのだと思う。

>>> 第1シリーズ開始が82年3月。第2シリーズ開始が91年10月。約9年半のインターバル。01年4月には何も無かった。2010年10月から放送開始だろうか。あるいは10年周期説なら30周年に当たる2012年からとかだろうか。

>>> 今度こそ、会いたい。

>>> 黒雲が空に広がっている。町は薄暗く人の気配は殆ど感じられない。小さな雷鳴が遠くで聞こえるが雨は降っておらず空気が悪趣味な湿り気を帯びている。空き地へと追いやられ恐怖で体が動かない。大事なことが思い出せない。石と草とコンクリートの壁。もう誰とも話をすることができない。

>>> JKが自らを「JK」と呼ぶ際に発生する、官能性。

>>> バス乗り場が分からずウロウロする老人に、まさかの延髄蹴り。

>>> 小銭を散らかしオロオロしているおばさんに、待望のカカト落とし。

>>> 駐車場警備のおっさんに、恒例の投げキッス。

>>> 広末以外の全てを捨てて、ミンキーモモを追い掛けたい。


パークサイドは夢の中


>>> 07年5月19日(土)18:30-、代々木Zher the ZOO、「amber レコ発企画 『コハクモヨウ 2007 夢のしるし』」。

>>> トルネード竜巻が出演。

>>> 今にも解散しそうな気がしたので急いで参加してみた。初生トルネード竜巻。

>>> 非常に良かった。


>>> トルネード竜巻"パークサイドは夢の中"。


Water melon―関あおい・能登有沙・川前光代・村田歩美写真集 (エンジェルBOOKS) (単行本)


>>> 07年5月13日(日)14:00-、川崎CLUB CITTA’、「RUSH HOUR II VS UPSURGE」。

>>> Perfumeとかが出る。

>>> 頑張れば18時前くらいまでは居れるかも。

>>> Perfumeの出番はいつなんだろう。

>>> 行かなかった。

>>> 07年5月13日(日)19:00-、渋谷C.C.Lemonホール、「第一回 ハロー!プロジェクト新人公演 とりの刻」。

>>> ハロプロエッグTHE ポッシボー有原栞菜(℃-ute)、光井愛佳ジュンジュンリンリン(モーニング娘。)。

>>> 有原栞菜以外は初めて見ることになる。

>>> 能登有沙には早くCDデビューして貰いたい。

>>> エッグ以前に心交社から出した写真集「Water melon」をブログで紹介したい。

>>> 真野恵里菜が良かったように思う。


小林万桜 Angel Kiss 〜大人の予感〜 [DVD]


>>> 07年5月13日(日)10:00-、代々木公園、小林万桜日比野梓他「福笑の野外授業」。

>>>

「福笑の野外授業」
日時:5月13日10:00〜13:00 予定(雨天時は延期)
場所:代々木公園を予定。
授業料:¥15,000-
参加希望の生徒さんはHPの「お問い合わせ」よりお申し込み下さい。
締め切りは5月3日です。 
当日欠席は給食の都合がありますので出来ません。

講師陣には福笑学院にお勤めの小林万桜先生を始め、日美野梓先生方達が参加されます。
三輝桃子先生&椎名朱里先生による体育の授業や、先生総出演による美術の授業では先生自ら写真のモデルをしてくれます。
その後、給食の時間には先生自ら給仕してくれます。
その他諸々ただいま思考中です。
詳細は順次お知らせいたしますのでお楽しみに!! from学校長 久和万珠

時間割は
朝礼 学園長・学年主任の訓辞
1時間目 体育 鬼ごっこ・花いちもんめ etc みんなで遊びましょう
2時間目 国語 漢字クイズ・百人一首 etc 優等生にはご褒美が…
3時間目 美術 撮影会 先生方がモデルを志願してくれました
給食 先生方が生徒さんの給食を給仕してくれます2生にはご褒美が…
ホームルーム 通信簿を配ります

なぜかちまたでバーベQと言う噂が出ているみたいですが、公園では火が使えませんのでバーベQは×です。

>>>

>>> 非常に参加してみたいと思ったけど、ファン集団を含めた上での鬼ごっこ、花いちもんめは非常に辛い。

>>> 鬼にはならなくても小林万桜ら女の子を追い掛け回して行きたいし、はないちもんめでは「万桜たーんが欲ーしい♪」を連発してしまうことになるだろう。

>>> 「万桜たーんが欲ーしい♪」に感情が篭もり過ぎてしまう。

>>> しかしながら参加した、という経歴は欲しい。

>>> 履歴書に書ける。

>>> 応募は結局しなかったので、当日代々木公園を散策してみた。

>>> 見つからなかった。

>>> 好きな女の子を見つけられなかった。


ログ
0906(1) 0903(1) 0811(7) 0810(1) 0809(1) 0808(1) 0807(4) 0806(1) 0805(5) 0804(1) 0803(1) 0802(1) 0801(1) 0712(3) 0711(7) 0710(2) 0709(1) 0708(4) 0707(2) 0706(1) 0705(1) 0704(1) 0703(1) 0702(1) 0701(1) 0612(1) 0611(1) 0610(1) 0609(1) 0608(2) 0607(9) 0601(1) 0506(1) 0412(1) 0409(1) 0402(4) 0206(2)
記事検索




ヘッドフォン - アナウンス - ソルベント
少年少女

アイドルゴシッピクリッピング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。